cuLo MOD Studio!

ギター、エフェクター、電子回路をつらつらと。

フロイドローズ搭載B.C.Rich製モッキンバードSTをメンテナンス。その5‗cuLo

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 祖父はもともと農家だったらしいのですが20名程度の小さな会社を設立、cuLoが記憶ある限りは既に会社の実質経営権は伯父に渡して、たまに会社を手伝ったり、のんびり釣りしたり、トラフグを釣って食べさせてくれたり(免許なし)しました。今思えば、釣り仲間関係からか祖父の家に行くと魚介はアラ(関東でいうクエ、普通に釣れる)、さっき言ったトラフグ、エビと言えば車エビ(名産でした)とか。もっと味わって食べれば良かったなぁ。昔はベンツに乗りたかったそうですが、晩年は田舎のベンツ(軽トラ)に乗ってました。そんな祖父のエピソードで訪問販売に来たセールスマンに逆に商品を売りつけ、暫くしたらセールスマンが「また売ってくれ!」と来たらしい。ちなみに商品は祖父手製の「肉味噌」でした。確かに旨かったもん。独立を目論んでるcuLoには一つの目標の「祖父」です。

 

 さて本題、モッキンバードメンテナンス5回目は弦交換の下準備を行います。弦交換の下準備って所謂ホコリとか汚れを除去する作業なんで「ここポイント!」のような大事さは無いんですが、綺麗にしておくことは地味ですが大事です。

 

f:id:cuLo:20170918175134p:plain

ロックナットを緩めてペグを緩める方向へ回します。

f:id:cuLo:20170918175225p:plain

弦を切ります。切らなくても弦を外すことはできますが、ギターを傷つける可能性が大きいので避けました。

f:id:cuLo:20170918175434p:plain

指板とフレットを磨いています。フレットはコンパウンドを含んだセーム皮で、指板はキッチンペーパーでやりましたが意外と具合が良く毛羽立たないし使い終わったらすぐ捨てれる。ローコストです。

f:id:cuLo:20170918182859p:plain

全体を綺麗にしました。

文字数少ないので画像でごまかせ作戦でした。

 

おまけ

先日夕日がきれいだったので撮影。

f:id:cuLo:20170918182918j:plain

タワークレーンの後ろに広がる夕焼けがちょっとノスタルジックな雰囲気にしてくれるとかくれないとか…。

 

では、良いギターライフを!

 

良ければコメント&読者登録お願いします!

フロイドローズ搭載B.C.Rich製モッキンバードSTをメンテナンス。その4‗cuLo

 第四回目モッキンバードSTメンテナンス。はじまるよー!

 

 と言っても、今回はモッキンバードSTについているアクティブ回路という部分の過渡特性をシミュレーションしてみました。メンテナンス回改めフィルタ解析回です。このフィルタは「バリトーンスイッチ」という名前で呼ばれており、インターフェイスとしては5wayスイッチ、半時計周りに回せばハイカットフィルタとして機能するスイッチです。使いどころはいまいち不明…。

f:id:cuLo:20170911000243p:plain

  個人的にはクリーン時にトーンポッドはそのままで「Paris Match」のSaturdayのような音色にしたいときに弄ってましたが、今回フィルタの回路を見て「ほーぅ」となったのでしっかりめ(当社比)解説していきます。

PARIS MATCH - パリスマッチ オフィシャルウェブサイト | アーティスト情報、ライブスケジュール、試聴、ブログ等。

ご紹介「Paris Match - Saturday」

www.youtube.com

フュージョン好きな人はきっと好き。

 

 まず、今回エクセルでのフィルタプロットは断念しました。理由は超絶めんどくさそうな計算になる&計算式がわかったところで活用しにくい&読者置いてけぼり、になると思ったためです。まぁ、今回みたいな計算の多い記事は嫌厭されがちのようですし省略した方がむしろイイかも?。しかしフィルタの特性を調べるためには何らかのシミュレーションが必要となります。そこで電子回路設計者からその辺の無線好きのおっさんまでご用達の「LT Spice」を使用して周波数の特性をシミュレートしてみました。

f:id:cuLo:20170911000708p:plain

 回路の解説を少し。まず「バリトーンスイッチ」は5wayと書きましたが、回路上は4回路がフィルタ通過、通常使用の1回路はバイパス(フィルタを通らない)となります。なので今回の過渡特性は2回路目から5回路目までの4回路をシミュレートしてみました。「LTSpice」でのswの使い方がいまいち不明だったので、各回路を並列に並べて出力を同じグラフ上に並べました。ちなみに入力が一つしかありませんが、電源インピーダンスは理想の「0」なので他の回路部分から影響は無いと考えます。

 

 下のグラフは「バリトーンスイッチ」の各フィルタのプロットでOut_sw2が回路2、Out_sw3が回路3…という風に回路5まであり、x軸が周波数、y軸が出力の大きさです。単位はdB(-3dBで元の信号の1/√2、-6で1/2)。濃い色の線が出力電圧の大きさ、薄い色の線が位相を表してますが位相は今回は無視して結構です。

ちょっとわかりにくいですね・・・

f:id:cuLo:20170911000650p:plain

通常のトーンポッドの回路などはOut_sw5のように周波数が高くなるにつれどんどん減衰させるようなフィルタをしているのに、Out_sw2~4は高音部分をある程度削りつつ、維持する特性である事が特徴的です。Out_sw2は低い周波数で減衰を始めますが、高音をがっつりカットするわけではなく2強dB程度削りそのまま維持するようなフィルタ、Out_sw4はある程度まで高音も出力させ、1kHz位に向けて大幅カット1kHz以上は1/4程度の出力となります。そしてOut_sw3は…なんでそんな低音からカットしてんの?

 

というわけで「バリトーンスイッチ」の過渡特性についてお送りしました。エレキギターを自分で改造される方などは参考になるとうれしいです。

 

では、良いギターライフを。

 

読者登録&コメントお待ちしております!

フロイドローズ搭載B.C.Rich製モッキンバードSTをメンテナンス。その3‗cuLo

 cuLo「明日土曜日で休みだ~♪」携帯「PURURU・・・」cuLo「はいcuLoです。」携帯の向こうの人「これこれこういう状態なんで、日曜日朝から来てくれませんか(関西)」cuLo「・・・はい。(´;ω;`)(関東)」。計13h以上の運転でした。しばらく車には乗りたくないcuLoです。

 

部材が届いたので作業再開。

f:id:cuLo:20170906072046j:plain

エリクサー3箱セットを買いました。2箱分の価格で3箱入っているお得です。

f:id:cuLo:20170906072112j:plain

細長い箱が届いてあけてみたら組み立て前の箱と弦がそれぞれ袋に入っていました。そーゆー郵送の仕方なのね。

Elixir エリクサー エレキギター弦 2セット+1ボーナスセット NANOWEB Custom Light .009-.046 16541 【国内正規品】

 

 

f:id:cuLo:20170906072213j:plain

ボリュームやトーンの可変抵抗器です。ギター用と書いてあったのですが、せいぜいノブの長さが違うもの程度で中身は一緒です。A500kΩは24ミリタイプの大きいのしかなかったのですがぶっちゃけA250kΩでも問題はないでしょう。(多少フィルタの間隔が変わるかも?)

【GP FACTORY】標準24mmコントロールポット 500kΩ Aカーブ 2個セット 日本製 GPF-EVR-24P-500A-2PCS

 

f:id:cuLo:20170906072218j:plain

もともとついていたボリュームから一本外しては新しいボリュームへ取り付け。部品さえ合っていればこうして取り付けていくことで回路を知ってる必要が無くなります。

f:id:cuLo:20170906072327j:plain

オレンジドロップも付け直しました。あんまし綺麗についてないケド・・・。

 

失敗した事→24ミリ可変抵抗はフロントピックアップボリューム取り付け穴でサーキットスペースに干渉する。無理やり取り付けできましたが結構負荷がかかってるかもしれません。16ミリタイプの可変抵抗を探す方が良いでしょう。

 

4日新名神高速でラジオから流れてきた曲が忘れられないんだけど、あのあたりで受信できるラジオ局のオンエア履歴聞いても出てこない…BGMだったのかな?。朝の10時前でマイナー調のカッコいい洋楽で、4コード繰り返し。70’s80’sな感じでした。受信局は残念ながら不明…いつかまた聞けるだろうか。どなたか心当たりあったら教えてください。

 

次はストリングス張るか、フィルタのプロットか…気分次第です。

 

では良いギターライフを!

読者登録もよろしくお願いします!

休日に行ったとこ。

 ギターメンテナンスは部材が届いてないので&フィルターの計算が思いのほか難しく難航中なので、今回はお休み。お休みついでに最近行ったとこをご紹介。cuLoです。

 

 紹介の必要があるのだろうかというくらい有名な観光地ですが、実体験でこんなとこですよーって行ったことが無い方への参考になればいいかなと思って紹介。当日は曇り交じりの晴れ。それでもかなり暑かったので快晴より良かった。

f:id:cuLo:20170828003643p:plain

江ノ島の入り口。鳥居をくぐってしばらくは左右にお土産屋さんが並んで楽しいです。普段見かけることの無い江ノ島感あふれる商品がいっぱいでついつい目移りしてしまいます。…観光地価格ですが。

 f:id:cuLo:20170828002128j:plain

以外なことに花とか花壇とか好きなcuLoです。江ノ島を登る途中に、謎の花畑?的なところがあり、時期によって様々な花がとかきれいに咲いています。「サムエルコッキング園」という花園みたいなとこもあり、ライトな植物好きにもおすすめです。ちなみに花の名前は分かりません。

f:id:cuLo:20170828002204j:plain

「魚見亭」という食事処にて。今回は生シラス&窯上げシラスのハーフ&ハーフ丼を注文。(写真を撮る前に醤油をかけてしまった。)。ちなみにこの魚見亭、見晴らしが◎。テラス席からは一面の海を眺めながら食事ができます。

f:id:cuLo:20170828002209j:plain

江ノ島ビールって地ビールの中では珍しく(?)おいしく作られているビール。たぶん。

f:id:cuLo:20170828002208j:plain

江ノ島の展望台「シーキャンドル」の降りる専用階段。たまひゅん・・・!

f:id:cuLo:20170828002212j:plain

同展望台屋上より。地球は丸い(広角レンズのせい)。

 

で、今回muson「MC2」というGoProの○○みたいなウェアラブルカメラを買ったので試しました。ヒーリング音楽付き。動画内で説明してますが、SDXCも認識しました。 

youtu.beやっとアップできました。(更新が遅かったのはアップロードに時間がかかった為)編集後のaviファイル65GBって・・・デカすぎ。MP4で14GB・・・。綺麗にエンコードされてるかなぁ。

 

 

 

 他にこんなんもあるけど。これはそのうち。

f:id:cuLo:20170830074826j:plain

 

では、良いレジャーライフを!

 

 

 

フロイドローズ搭載B.C.Rich製モッキンバードSTをメンテナンス。その2‗cuLo

今週のお題「カバンの中身」。

 財布、鍵、煙草、ライター。できるだけ物は持ち歩きたくないので基本的には個人のカバンには大したものは入っていないんですが、ある日仕事のカバンに純度90数%のアルコール(飲用でない)、カッターナイフ(テープ切断用)、ガムテープ的な物(正確には大きめのマスキングテープ)を詰め込んで新幹線で出張に行きました。幸い(?)職質や手荷物検査などはありませんでしたが、見つかったら確実に…。アブナイアブナイ。cuLoです。

 

f:id:cuLo:20170820234810j:plain

 というわけでモッキンバードSTのメンテナンス続きです。

モッキンバードSTのエレキギターらしからぬ配線を回路図に起こしました。皆さんの大好き(?)な回路図です。今回はこれをもとに各ブロックがどんな機能を持っているか解説していきます。

f:id:cuLo:20170821001400p:plain

 ついでに各スイッチ類の役割を記載しました。

1・R-vol、F-vol

 ボリュームです。説明必要?。今回はこの二つのボリュームの可変抵抗が「Bカーブ」だった為に、音が急進的に立ち上がる現象が起こっていましたが、Aカーブ品へ変更することでこの改善が見込まれます。

 2・PU sel

 これもギタリストにとっては説明不要ですね。「ピックアップセレクター」の事です。ご存じない方のために説明すると、弦振動の取得位置を変更することでエレキギターの音色が少しだけ変わります。

 3・tone

 これも説明不要かと思いますが念の為、ピックアップで拾った弦振動のうち高域部分を削るツマミです。時計回りに回すほど広域を削ってマイルドな音にします。

4・Bariton SW

 たぶん現時点でB.C.Rich製のギターにしかついてない気がします。基本的にはtoneと似て非なる回路で、toneがカットオフ周波数以上はひたすら減衰するのに対してバリトーンフィルタはカットオフ周波数以上は「一定値減衰」となる模様です。

5・Phase Revarse

 フロントPUのみ接続されているスイッチで、切り替えると位相反転してから出力します。ネットを調べると色々使い方が書いてあって何とも言えないですが、「コイルの接続方法を替えて出力する音の雰囲気を変える」。合ってるかどうかは回路から推定していきます。後日ね。

6・F-coil tap & R-coil tap

 ハムバッカーPUはご存知の通りシングルコイルPUを二つ逆向きで並べることにより弦振動は2倍、ハムノイズは相殺する機構ですが、コイルタップで片方をショートさせてシングルコイルPUとして使用するSWです。

 

とりあえず今回はこれまで。回路は記事的に人気なさそうなのであまりゴチャゴチャ書かない方が良いかな?と思ってます。今後申し訳程度に数式&グラフでいいかも?

 

※近況 バンドに誘われました。近々スタジオ入りします。間に合わせたいなぁこれ。

 

では、良いギターメンテナンスライフを!

 

 

 

フロイドローズ搭載B.C.Rich製モッキンバードSTをメンテナンス。その1‗cuLo

 どうもこんにちは。もしくはこんばんわ。最近はギター弾いてるよりメンテナンスや回路関係をいじってるほうの時間が多くなりました。cuLoです。

 

f:id:cuLo:20170813131025j:plain

 写真のギターがみなさんお馴染み(?)モッキンバードです。変形ギターです。cuLoは以前、楽器屋さんにレスポール系のギターを買いに行って気づいたらモッキンバードを持って帰ってました。

f:id:cuLo:20170813133222j:plain

みなさんお馴染み(?)ポルナレフ状態です。

 

 何回かに分けてこのモッキンバードSTのメンテナンスを行っていきたいと思います。

で、メンテナンス内容ですが

  • フロイドローズでの効率的な弦交換方法
  • ポッド交換(なぜかBカーブがついているのでAカーブに変更)

の2種類になる予定です。細々と書くことは色々あるとは思いますが実際にやることを要約すると2個しか思いつきませんでした。

 

モッキンバードST君。紹介。

 元は一番上の画像のGuns N' Rosesのギタリスト、SLASHの使っていたモッキンバードSL(本物版)の廉価版?のような存在です。只そもそもSLがシグネイチャーモデルではなく、STは特にスラッシュ使用のモデルとは厳密には関係なさそうです。ほんとか?

f:id:cuLo:20170813164753j:plain

 通常のボリュームコントロール部あたりにごちゃごちゃスイッチがついています。

f:id:cuLo:20170813164650j:plain

 右側に見えるオレンジ色のコンデンサが有名なオレンジドロップです。とりあえずハンダ付けして余った配線は放置ですが、音声帯域信号(いわゆる20kHzまで)は波長に直すと約1振幅の長さが15Km以上になるしヘーキヘーキ。まあこの機会に正していきますよ。このごちゃごちゃしているのを今回のシリーズで回路図に起こしていく予定です。しかし、大変そうです(主に面倒臭そうという理由で)。

f:id:cuLo:20170813164750j:plain

皆さん。見えますでしょうか?「B500k」と書いてありますがこれは、Bカーブの500kΩの可変抵抗ですよーってことです。トーンポッドはAカーブだったのになぜかボリュームはリアフロント共にBカーブでした。cuLoはボリューム奏法的な事もやる方(できてるとは言わない)なので、「おかしいなー、おかしいなー、なんだかへんだなー(稲川淳二風)」と思ってました。具体的には「Bカーブってなんやねん!ちゃんと説明しろ!」という方の為にもシリーズ中でちゃんと説明したいと思います。もちろんなぜ気づいたかも含めて。なんて為になるブログなんでしょう!

f:id:cuLo:20170813225807j:plain

CRAFTED IN …。まぁ、現在のある一定金額までのギターはそうだと聞いていましたし。Bカーブもたぶん「材料足りねーよー、お500kって書いてあるじゃーんこれつかお」的な感じでつけられたのかもしれません。正直Bカーブの部分ともう一ポイント以外は値段相応って感じですので「損した!」と感じる事は特になかったです。

f:id:cuLo:20170813230430j:plain

スルーネックですし。

 

モッキンバードって紛れもなく変形ギターに分類されると思うんですが、フォルムのまとまり具合は変形ギターの中でも随一だと思いませんか?。cuLoだけ?。シリーズ中合間に色々挟むとは思いますがお楽しみに!

 

(最近触ってなかったのでほこりが目立つなぁ)

 

では、良いギターライフを!

近況‗'17/08/06‗cuLo

今週のお題「ちょっとコワい話」

 バイクで深夜、関東から富士山に向かう道「道志道」ひたすら流し富士五胡の一つ、山中湖にもうすぐ着くというその時、深夜の山中湖近くは霧に覆われていました。宵闇と濃霧で視界は狭い中、道の真ん中に並んで光る二つの謎の光。異様な雰囲気に減速し恐る恐る近づくとデカいシカ(光っていたのは目)。道路のど真ん中でこっちを見たまま微動だにしないデカいシカ。クラクションを鳴らすcuLo。まさかビビってこっちに向かってこないよね・・・Puuuu!!。・・・!動かねぇ!!。幸いしばらく睨み合いを続けていたらシカは道路わきに逃げていきました。真夜中のシカ、怖いよ。cuLoです。

 

f:id:cuLo:20170807022010j:plain

こんな感じのやつでした。実際は暗闇の中に浮かび上がる目二つとシルエット。シシ神様か?。

 

 色々やりたいことはあるけれど・・・

1、真空管ブースターor真空管プリアンプ。

f:id:cuLo:20170807023345j:plain

 折角真空管を4本持ってるんだし。そろそろ活用したい。

とりあえずサンハヤト真空管ソケット+ブレットボード変換を買いました。

真空管の使い方おさらいしなきゃいけないけど。

2.Marshall「VALVE STATE VS30R」の改造

  前も書いたけど手持ちのアンプを改造したい。(すでに少しだけ改造してる)

具体的には、

  • リバーヴの効きが悪すぎるので改善
  • 各種デバイス&受動素子のグレードアップ
  • 各種コネクタを新品に交換(接触不良気味なので)
  • send & return 増設。

 ただ基本的に規模が大きくなるのでどうしても腰が重くなってしまうけど、とりあえず

 久しぶりに開けてみよっと。

f:id:cuLo:20170808002051j:plain

左上の黒い細長いのがリバーヴユニット、右上が電源トランス、中心右の黒いヒートシンクがついてるのがたぶんパワーアンプと思われ。ん・・・?

f:id:cuLo:20170808003124j:plain

や・・・焼けとる!そして定数判別不明。

幸い回路図は以前紹介したDr.TUBEにあるし何とかなるか。音に特別変なところはなかったけど、てことはもしかしてギリギリ生きてる?もしくはショートモードでもなんとか動作するとこ?。あー俄然やる気出てきた!。壊れてることが解ってからやる気でるなんて!

 

3.B.C.Rich モッキンバードSTの弦交換とか

f:id:cuLo:20170808011502j:plain

 フロイドローズの弦交換は案外難しくない事を証明してみたい。あと、これのボリューム抵抗がBカーブって・・・これもこの機会に変更したい。

 

4.オリジナルエフェクターの作成。

 アイデアはある。単純な増幅装置から市販品にはできないぶっ飛んだエフェクターまでいくつか作ってみる予定。(そして誰かに実際に使ってもらってレビューしてもらいたい。)

 

5.HTML、CSS記述

 こないだも言ったけどHTMLとCSSの記述を覚えたいと思ってます。発表は大分先になりそう。一応もう勉強は先週から始めましたが。

 

他にもまだまだやりたいことはあるんですが、近々手を出しそうな事はこんな感じの事ですかね。FPGAボードとかも試したい(そしてデジタルエフェクタとか作ってみるか?)けど、取れる時間の都合上先延ばしですね。まぁそのうち。

あぁ過去の記事の誤字脱字も直さなきゃ・・・

 

では、またお逢いしましょう!