cuLo MOD Studio!

ギター、エフェクター、電子回路をつらつらと

フロイドローズ搭載B.C.Rich製モッキンバードSTをメンテナンス。その1‗cuLo

 どうもこんにちは。もしくはこんばんわ。最近はギター弾いてるよりメンテナンスや回路関係をいじってるほうの時間が多くなりました。cuLoです。

 

f:id:cuLo:20170813131025j:plain

 写真のギターがみなさんお馴染み(?)モッキンバードです。変形ギターです。cuLoは以前、楽器屋さんにレスポール系のギターを買いに行って気づいたらモッキンバードを持って帰ってました。

f:id:cuLo:20170813133222j:plain

みなさんお馴染み(?)ポルナレフ状態です。

 

 何回かに分けてこのモッキンバードSTのメンテナンスを行っていきたいと思います。

で、メンテナンス内容ですが

  • フロイドローズでの効率的な弦交換方法
  • ポッド交換(なぜかBカーブがついているのでAカーブに変更)

の2種類になる予定です。細々と書くことは色々あるとは思いますが実際にやることを要約すると2個しか思いつきませんでした。

 

モッキンバードST君。紹介。

 元は一番上の画像のGuns N' Rosesのギタリスト、SLASHの使っていたモッキンバードSL(本物版)の廉価版?のような存在です。只そもそもSLがシグネイチャーモデルではなく、STは特にスラッシュ使用のモデルとは厳密には関係なさそうです。ほんとか?

f:id:cuLo:20170813164753j:plain

 通常のボリュームコントロール部あたりにごちゃごちゃスイッチがついています。

f:id:cuLo:20170813164650j:plain

 右側に見えるオレンジ色のコンデンサが有名なオレンジドロップです。とりあえずハンダ付けして余った配線は放置ですが、音声帯域信号(いわゆる20kHzまで)は波長に直すと約1振幅の長さが15Km以上になるしヘーキヘーキ。まあこの機会に正していきますよ。このごちゃごちゃしているのを今回のシリーズで回路図に起こしていく予定です。しかし、大変そうです(主に面倒臭そうという理由で)。

f:id:cuLo:20170813164750j:plain

皆さん。見えますでしょうか?「B500k」と書いてありますがこれは、Bカーブの500kΩの可変抵抗ですよーってことです。トーンポッドはAカーブだったのになぜかボリュームはリアフロント共にBカーブでした。cuLoはボリューム奏法的な事もやる方(できてるとは言わない)なので、「おかしいなー、おかしいなー、なんだかへんだなー(稲川淳二風)」と思ってました。具体的には「Bカーブってなんやねん!ちゃんと説明しろ!」という方の為にもシリーズ中でちゃんと説明したいと思います。もちろんなぜ気づいたかも含めて。なんて為になるブログなんでしょう!

f:id:cuLo:20170813225807j:plain

CRAFTED IN …。まぁ、現在のある一定金額までのギターはそうだと聞いていましたし。Bカーブもたぶん「材料足りねーよー、お500kって書いてあるじゃーんこれつかお」的な感じでつけられたのかもしれません。正直Bカーブの部分ともう一ポイント以外は値段相応って感じですので「損した!」と感じる事は特になかったです。

f:id:cuLo:20170813230430j:plain

スルーネックですし。

 

モッキンバードって紛れもなく変形ギターに分類されると思うんですが、フォルムのまとまり具合は変形ギターの中でも随一だと思いませんか?。cuLoだけ?。シリーズ中合間に色々挟むとは思いますがお楽しみに!

 

(最近触ってなかったのでほこりが目立つなぁ)

 

では、良いギターライフを!

近況‗'17/08/06‗cuLo

今週のお題「ちょっとコワい話」

 バイクで深夜、関東から富士山に向かう道「道志道」ひたすら流し富士五胡の一つ、山中湖にもうすぐ着くというその時、深夜の山中湖近くは霧に覆われていました。宵闇と濃霧で視界は狭い中、道の真ん中に並んで光る二つの謎の光。異様な雰囲気に減速し恐る恐る近づくとデカいシカ(光っていたのは目)。道路のど真ん中でこっちを見たまま微動だにしないデカいシカ。クラクションを鳴らすcuLo。まさかビビってこっちに向かってこないよね・・・Puuuu!!。・・・!動かねぇ!!。幸いしばらく睨み合いを続けていたらシカは道路わきに逃げていきました。真夜中のシカ、怖いよ。cuLoです。

 

f:id:cuLo:20170807022010j:plain

こんな感じのやつでした。実際は暗闇の中に浮かび上がる目二つとシルエット。シシ神様か?。

 

 色々やりたいことはあるけれど・・・

1、真空管ブースターor真空管プリアンプ。

f:id:cuLo:20170807023345j:plain

 折角真空管を4本持ってるんだし。そろそろ活用したい。

とりあえずサンハヤト真空管ソケット+ブレットボード変換を買いました。

真空管の使い方おさらいしなきゃいけないけど。

2.Marshall「VALVE STATE VS30R」の改造

  前も書いたけど手持ちのアンプを改造したい。(すでに少しだけ改造してる)

具体的には、

  • リバーヴの効きが悪すぎるので改善
  • 各種デバイス&受動素子のグレードアップ
  • 各種コネクタを新品に交換(接触不良気味なので)
  • send & return 増設。

 ただ基本的に規模が大きくなるのでどうしても腰が重くなってしまうけど、とりあえず

 久しぶりに開けてみよっと。

f:id:cuLo:20170808002051j:plain

左上の黒い細長いのがリバーヴユニット、右上が電源トランス、中心右の黒いヒートシンクがついてるのがたぶんパワーアンプと思われ。ん・・・?

f:id:cuLo:20170808003124j:plain

や・・・焼けとる!そして定数判別不明。

幸い回路図は以前紹介したDr.TUBEにあるし何とかなるか。音に特別変なところはなかったけど、てことはもしかしてギリギリ生きてる?もしくはショートモードでもなんとか動作するとこ?。あー俄然やる気出てきた!。壊れてることが解ってからやる気でるなんて!

 

3.B.C.Rich モッキンバードSTの弦交換とか

f:id:cuLo:20170808011502j:plain

 フロイドローズの弦交換は案外難しくない事を証明してみたい。あと、これのボリューム抵抗がBカーブって・・・これもこの機会に変更したい。

 

4.オリジナルエフェクターの作成。

 アイデアはある。単純な増幅装置から市販品にはできないぶっ飛んだエフェクターまでいくつか作ってみる予定。(そして誰かに実際に使ってもらってレビューしてもらいたい。)

 

5.HTML、CSS記述

 こないだも言ったけどHTMLとCSSの記述を覚えたいと思ってます。発表は大分先になりそう。一応もう勉強は先週から始めましたが。

 

他にもまだまだやりたいことはあるんですが、近々手を出しそうな事はこんな感じの事ですかね。FPGAボードとかも試したい(そしてデジタルエフェクタとか作ってみるか?)けど、取れる時間の都合上先延ばしですね。まぁそのうち。

あぁ過去の記事の誤字脱字も直さなきゃ・・・

 

では、またお逢いしましょう!

 

エフェクター「オーバードライブ」の可視化。3回目‗cuLo

今週のお題「好きなアイス」抹茶。cuLoです。

子供のころ抹茶を食べてそのほろ苦くあまり甘くないさっぱりした感じを気に入って抹茶ばっかし食べてた時期があります。つまり子供も頃からおっさんみたいな味覚だったわけです。(ツマミとかも好きでした。)

 

オーバードライブの可視化見て頂けましたでしょうか?

見てない人はぜひ再生しながらブログ読んでくださいね。

www.youtube.com

 動画の目的はエレキギターの電気信号ってどんな感じか、昔cuLoが気になって調べた時に動態展示が無かったので、cuLo以外に気になる人がいたら一つの解決になるのではないかと思いアップしてみました。その「波形の形」は結構面白い形をしていますので電気の事を知らなくてもなかなか楽しめるのではないかと思います。でも腕に期待してはいけない。

 これって、他のエフェクターにも言える事ですが波形が変われば音も変わるので色んなエフェクターの波形としてシリーズ化するのもいいかなと考えてます。まあ不定期連載シリーズです。気が向いたらアップするような感じで。

 

 ・「オーバードライブの波形の可視化」解説

1、サイン波入力。

f:id:cuLo:20170729232748p:plain

そもそもサイン波ってなんじゃいとなりそうですが。

サイン波。正弦波 - Wikipedia

ざっくり言うと「倍音成分を含まない単一の周波数で構成された振幅」といった感じです。ただ実際の波形では少し倍音を含んでいるんですが、オーディオ機器に関してはこの倍音は「邪魔な物」でしかないので機器側での倍音は極力出ないように設計されています。ギターアンプも最初はこの思想で設計されていたのが、様々な経緯があって現在の倍音ありきの設計となっています。ギター自体の弦の振動はサイン波ですが、実際多くの倍音成分を含んでいますが、その倍音の出力電力は非常に弱く例えば2倍波の成分は源振の1/100~1/1000程度しかなかったりします。

 すごく小さいですが人間の耳は小さい音程よく聞こえる特性がありますので雰囲気で感じ取れるんですね。人間すごい。

 

2、オーバードライブ時の波形

f:id:cuLo:20170730022038p:plain

 440Hz/250mVp-pの入力に対して約1600倍の増幅を掛けています。計算上今回のアンプ部はリニアに増幅できれば402Vp-p(=250mV×24×67)の電圧増幅を行える計算になります。が、残念ながら(?)電源電圧9Vの制限から上は9V、下は0Vが限界となり402Vp-pもの増幅をこなすことが出来ません。そうすると上に飛び出た部分は電源9VとGND付近で(正しくはオペアンプの最大出力電圧と最小出力電圧)頭打ちとなり画像のような波形となります。ちなみに402Vp-pを8Ωのスピーカーに電流増幅してから突っ込むと(スピーカーが耐えられるとして)約10100Wの計算となります。

※本回路は9V片電源動作しています。所謂エフェクターと同様の動作です。出力段にカップリングコンデンサでAC成分のみ取り出しているので波形は0Vを中心に±4.5Vの動作をしていますが最後にボリュームをつけて波形そのままの形を小さくして出力しています。

多分こんな感じ。

www.youtube.com

 3.実際のギターの波形

f:id:cuLo:20170730035139p:plain

 実際のギターの波形は源振+2倍波+3倍波・・・n倍波となりますのでFFT波形の方が如実に多くの周波数を含んでいる状態がよくわかると思います。ほとんど矩形波のようになった波形でも実際は多数のサイン波で構成されたn倍波の合成結果であり、聞けばやっぱしエレキギターです。計算でもそのようになる事が解っていますが、ちょっと不思議。

 

 というわけでオーバードライブの可視化をお送りしました電気的な説明は後回しにして、資格と聴覚をメインに誰でも楽しめるように考えてみましたが、いかがだったでしょうか?。今後もオリジナル回路弾いてはエフェクターの制作もしていきたいと考えていますのでお楽しみに!

 

あぁ、そろそろHTMLも覚えなきゃ・・・

 

では、またお逢いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

エフェクター「オーバードライブ」の可視化。2回目‗cuLo

いやぁ。夏真っ盛りですね。この暑さがcuLoのブログ更新を3日3日半も遅らせてしまいました。夏のせいです。ひいては西川貴教のせいです。西川貴教のせいでなければ松岡修造のせいです。

 

 

 とにかく時間がかかってしまったのですが動画完成しました。

オーバードライブの可視化!

地味に苦労しましたです。(夏のせい。)

作った回路がいまいちで何度もやり直す。(夏のせい。)

録音録画していると思ったら録画のみ(夏の(ry)

録音録画してい(夏(ry)

 

アップロードに1時間強…今深夜二時…よし、朝にしよう。

あ。貼っときますよ。見てねっ!

www.youtube.com

 

今回は短いですがこれにて!

週末には動画をもとに解説を行いたいと思います。たぶん。

 

ではまた。

 

毎年恒例の富士山ツーリング今回は中断_cuLo

 cuLoは毎年この時期になると日本一の金運神社と言われている新屋山神社、とその奥宮、そして富士吉田市側の北口本宮富士浅間神社の三社(正確には新屋山神社と奥宮は同一の神社なので二社)へお参りツーリングに行くことが恒例となっています。

 

 

と言っても今回は向かっている途中、娘の「具合ワルイ…」により最後まで完遂できなかったため宮ケ瀬ダムにてお茶を濁し終了。お参り予定だった神社の簡単な紹介のみ書いておきます。というわけで今回はギターも音楽も電子回路も出ません。バイクです。

f:id:cuLo:20170718012153j:plain

でかいね。

www.miyagase.or.jp

 

 

まずは北口本宮富士浅間大社

f:id:cuLo:20170717223229j:plain

主祭神木花咲耶姫。

天皇家の始祖である神武天皇のさらにご先祖様である瓊瓊杵尊ニニギノミコト)の妻ですね。高天原天孫降臨した天津神であるニニギノミコト大山祇神(オオヤマツミノカミ)が二人の娘を嫁(昔は一夫多妻)に出したうちの可愛かった方の娘です。ちなみに姉の磐長姫(イワナガヒメ)は「醜い!」(ニニギ談)により実家に帰らされてしまいました。ちなみに、夫である瓊瓊杵尊とその義父である大山祇神も一緒に祭られています。

瓊瓊杵尊は気まずくて仕方ないでしょうね!

 

お次は新屋山神社

f:id:cuLo:20170717233422j:plain

 ここが日本一の金運神社として名高い新屋山神社です。画像から伝わる雰囲気感じますでしょうか?。そう、実はかなり「こじんまり」した神社です。しかも大通りからそこそこ入った静かな住宅街の奥にある神社なので金運神社としてはかなり地味な神社(失礼)ではないでしょうか。でもそこがいいです。金ぴかだったら逆に金吸い取られそうだし。

 主祭神は先ほども登場した大山祇神が祭られていますまた他の神社と違って夏の繁忙期(?)以外はなんと本殿に上がって祝詞台」に座ってお参りができます。レアです。

 

 そんでもって富士山二合目にある奥宮

f:id:cuLo:20170718002603j:plain

 シンプルです。ザ・ベストです。こっちが本当の「日本一の金運神社」。

車で行けますが、舗装が若干荒い&狭い道を30分くらい上っていけばあります。

画像左に見えるのは社務所、右に見えるのが大山祇神がその表面に現れていると言われている神木です。そして真ん中の祭壇よーく見てください。ご神体、見えちゃってますよ!いいの!?。ちなみにこの場所には本当に神社しかなく観光所的な物はありません。(手水舎もないよ。要持参)。

 

 よーし。秋口に再挑戦だな。待ってろ富士山。

 

結局「オーバードライブの視覚化」も進まず、ツーリングも途中で断念。ちょっとうまくいかない週末でした。

とりあえず朗報としては「Podium(DTM)」は設定の問題で入力側がPCに送られなかった模様で解決。視覚化用の回路も組み終わったし改めて録音、録画、編集を行うだけだ!。……録音、録画、編集って結構時間かかるじゃない?(言い訳)。何とか時間を捻出するかぁ。

 

では、皆さんも良い参拝を(?)

 

 

映画「Knockin' on heaven's door」。‗cuLo

 

f:id:cuLo:20170711002739j:plain

 今週のお題「私の『夏うた』」

先週だか先々週だかあたりから運営のお題について冒頭に書いています。で、今回は「夏うた」。

夏…うた…私の?…思いつかねぇ。サザンとかチューブとか知ってはいるけれど「私の」がつくと「うーん」となってしまう。いや曲は好きだけど。で、「夏」「うた」「私の」をつけると心の中に浮かんだのは「ウッドストックフェスティバル」。いやいや「うた」じゃないじゃん。しかも生まれてもいない。でも思いついたものは仕方ない。ちょっとwikiで調べてみた。

ウッドストック・フェスティバル - Wikipedia

開催:1969年8月15日(金)から17日(日)までの3日間

来場者数:40万人以上!

wikiを読んですごいと思ったこと。

  • 40万人以上来たのに暴力事件などは報告されていない。
  • 今でいうベンチャー事業の資金集めとして最初の開催だった事。
  • フェス中ドラッグで2人死亡。フェス中2人が出産

ちょっと偏見だけどアメリカ人(人種関係なく)が40万人集まって暴力事件が報告されてないことに異常を感じてしまう。それだけ当時のカウンターカルチャーの一体感がすごかったのかもしれない。しかしフェス中二人出産っておい。

 

本当は今回でオーバードライブの可視化2をやる予定でしたが…

  • DTMソフト「Podium free」から音が出なくなる(土曜午後)
  • DTMソフト「Podium free」での録音を諦める。(日曜昼)
  • 別のDTMフリーソフトを探す。
  • Protools First」を見つける(日曜午後)
  • Protools First」をインストールする。
  • Protools First」が開けない(日曜夕方)
  • 「可視化2」の記事アップ延期を決定。
  • 鉄腕ダッシュを見て現実逃避。
  • 映画の記事でもアップしてみるか(日曜就寝直前)

という流れで今回はさっくり映画を紹介します。

とはいっても一応音楽ブログ(?)なので音楽×映画の観点から。

「Knockin' on heaven's door」

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=shinji820315c-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&offerlisting=1&asins=B016PL9OOK&linkId=4019ead954282cb62c8bd71069530bce&bc1=000000<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
    </iframe>

ご存知ボブディランの代表曲である同タイトルのドイツ映画ですね。映画中の曲は確かカバーでしたが。(以上にて音楽要素終了)

 以下ネタバレ注意。(そんなにネタバレしてないつもりですが。)

 病気による死の宣告を受けて入院した二人、ルディとマーチン。看護婦に見つからないように酒を飲みながら死後の話をする。マーチンは海を見たことがないルディに対して言った。

f:id:cuLo:20170711020449j:plain

「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ」

f:id:cuLo:20170711020516j:plain

それぞれの夢を書き出してみようぜ!。

マーチン「母親にキャデラックをプレゼントする。」

ルディ「美女と3P…いいね!

f:id:cuLo:20170711020737j:plain

ひょんなことから追われる二人。

f:id:cuLo:20170711021142j:plain

脳にテニスボール大の腫瘍を抱えているマーチン。旅の途中で昏睡に…。

 

 正直ど派手なアクションは無いし、CGが豊富に使用されているわけでも(そもそも使ってないと思う)超豪華俳優陣ってわけでもない。自身の死を背景にした登場人物たちの人間模様と少しのコメディ要素でしみじみ余韻の残る映画です。

派手さはいらない。大笑いするコメディもいらない。何となく物語に吸い込まれていたい。そんなときに是非おすすめしたい一本です。

 

では、良い映画ライフを!

 

エフェクター「オーバードライブ」の可視化。1回目‗cuLo

今週のお題「テスト」

テスト勉強なんてしなかったよ!。その結果がこれだよ!。みんな勉強しようね!。・・・cuLoです。

 

今回は数あるエフェクターで最初に作られた(と言われる)歪系エフェクターオーバードライブについて書いていきたいと思います。

 

・そもそもオーバードライブって何?

 オーバードライブという言葉はともかく、ギターアンプから歪んだ音が出て、なおかつそれが「サウンド」として認められた時期ははっきりしていませんが、1950年代のブルースマンかジャズ奏者あたりがボリュームを求めフルテンにした結果歪んでしまった音が結果として「良い音」と認識された経緯があったそうです。

f:id:cuLo:20170705004436j:plain

正しく「歪」の音が良い音として初めて認識されたアンプは「Marshall JTM45」と思われます。それまでのアンプ…例えばFender CHAMP」等はボリュームをフルテンにすると歪む、つまり歪を出すには爆音にする必要がありましたが、この「Marshall JTM45」はボリュームを半分くらい上げれば歪始める特性がありました。たぶん当時のジムマーシャルは他のアンプメーカーのエンジニアから「不良品を設計した」とか言われたことでしょう。

でも、時代はMarshallを選び、新時代のギターヒーローを送り出しました。ジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトンジミー・ペイジ、そしてリッチーブラックモア。正しく「歪系」の音を世界に広めたのは間違いなく彼らでしょう。たぶん。ここまでお膳立て。

 

f:id:cuLo:20170705011242p:plain

 オーバードライブを直訳すると過駆動とかそんな意味になります。元々、ギターアンプのボリュームノブを上げると最大数十倍から、中には千倍近い増幅度(ちゃんと計算したことないけどそれ以上あるかも)を持っていますが、出力自体は電源電圧で打ち止めになり波形が潰れてしまいます。結果的に「音が歪む」という現象が起こります。つまりギターアンプにとってのブラック労働がオーバードライブです。

f:id:cuLo:20170702155622p:plain

エクセルで書いてみました。大体上記のような図のイメージで、電源は±8Vとしました。

 

  実際に後段回路へ渡される波形は赤い線となります。増幅度がいくら高くても上下限の部分(赤い線が平坦になる部分)で頭打ち(クリップと言う)となり、クリップした時点で音が歪始めます。上昇エッジと下降エッジは増幅度を高めるたびに急な角度になっていき、数式的には色々あってクリップで増幅されなかった部分はなくなったわけではなく倍音として出力され歪んだ音が出るという算段になります。

 

次回は実際の回路を組んで動画でお送りしたいと思います。(要約。まにあわなかった。)

 

では、またお逢いしましょう!