cuLo MOD Studio!

ギター、エフェクター、電子回路をつらつらと

超近距離有線通信器を作ってみる2回目。‗cuLo

今週はもう書くまいか…

 

 週一で更新という自分ルールを打ち立てておきながら(たまに更新遅れたりしても週一ペース。)そう思っていました。なかなか筆も進まず仕事は暇なし。ここ数か月はほんとに時間が少ないと思うcuLoです。とは言っても他人が時間作ってくれるわけじゃなし、自分で何とかしなきゃいけない。というわけで、遅ればせながら今週も書きます!

内容は薄めだけど。

 

 晴れたらツーリング行きたいですね。

f:id:cuLo:20170619222429j:plain

富士山西側より撮影。2015年だったと思う。

 

本題。超近距離有線通信器第二弾は回路図作成と解説。

 と行きたいところだったんですが、デザインスパークがまだ使いこなせてなく回路図作成に手間取っており・・・。というわけで普段旁慣れているEvery Circuitで解説していこうと思います。

 

Every Circuit

www.youtube.com chromeブラウザで開くと無料版が体験できるはず

 

で、今回の超近距離有線通信器の回路図。

f:id:cuLo:20170620083112p:plain

  •  電源部+バイアス回路
  • 電気信号変換部
  • 増幅部
  • 出力部

の四点を解説していきます。今回は電源部とバイアス回路を解説。

 

 

・電源部+バイアス回路

  今回の電力供給源は単三電池2本直列を想定しています。理由は

エネループを持っている」「どこでも売っているので旅先の電池切れにすぐ対応できる」からです。便利ね!

 

f:id:cuLo:20170621005925p:plain

 

単三2個直列

  読んで字の如くそのままです。電池の直列と並列は中学生頃に習うと思いますが、念の為おさらいしておくと、

直列 = より大きな電圧を掛けれる。

並列 = より大きな電流を流せる。

といったところですね。

 

電源平滑コンデンサ

 電源ラインに乗ってくるノイズをGNDに逃す役目があります。容量の違うコンデンサを二つ用意しているのは「電源の安定化」用に大きめの物を。「微弱ノイズの除去」を目的に小さい物を。という目的です。大小並べる事でノイズ除去能力が高まると思ってください。

 

カップリングコンデンサ(DCカット用)

 コンデンサの特徴はDCは通さないがACは通すという特徴があります。これにより音声の信号であるACは右側のバイアス回路に伝達されますが、バイアス回路のDC1.5Vは左の信号側に流れません。これがないとバイアスが正常に掛からず、ちゃんと次段のオペアンプが動作しませんので大したことなさそうで重要です。また構造上ローパスフィルターを形成しています。ここはそのうち解説しましょう。

 

バイアス回路1.5V用

 オペアンプ(全体の回路図の三角形のやつ)は通常+電源だけでは動作しません。が、このバイアス回路を使うことで動作させることが出来ます。有能です。機能は至極単純。今回の電源3VとGND(0V)の中間1.5Vに合わせているだけ。

(余談ですが、単電源(例えば+電源のみ)で駆動するように作られているオペアンプも多く存在します。)

 

 

 まだまだ初級的な事だけ+できるだけ誰でも理解(何となく)してもらえるように書いたつもりですが、何だかんだ解りにくいんだろうなぁと。でもエフェクター制作の基本部分でもあるんで、基礎部分は改めてどこかで記事にしますがいったいいつになる事やら。ちょっとプライベート(仕事なのでオフィシャル?)が忙し気味で遅れがちですが頑張って書いてきますので、(なま)温かい目で見てやってください。

 

では、良い電子工作ライフを!

プリアンプとパワーアンプとスピーカーと。‗cuLo

ちゃんとしたオシロスコープがほしい。cuLoです。

[http://:title]

おぉ、アマゾンのリンクが成功した!みんなバンバン買ってくだちい!なんてね。横型バナーってどうやるんだろうか?

オシロといえばテクトロ。欲しいなぁ(遠い目)。

 

 

f:id:cuLo:20170614052137j:plain

本題

  ギターアンプの中身ってどうなってるの?と考えたことある人必見!。エレキギターの音を増幅するということはどういうことなのか、今回はギターアンプの中身の話を少ししようかと思います。つまりうんちく的な話。

 

1.ギターアンプとは?

 ギターアンプとは、普段「アンプ」と言っていることが多いギターアンプそもそもアンプってなに?

アンプとは「Amplifier」の略で、「アンプリファイア」と読みます。直訳すると「増幅器」となります。何か入力された信号を増幅する機械、というわけですね。ギターアンプはギターから入力されるハイインピーダンスの信号を増幅し、最終的にスピーカー駆動できる電力まで増幅させることが役目です。

 

2.アンプにも「プリアンプ」と「パワーアンプ」がある。

 ギターアンプの中には「プリアンプ」と「パワーアンプ」が入っています。調べたことある人は「うーん」と思ったんじゃないでしょうか?。cuLoは最初、電子回路を始めた当時はいまいちイメージが掴めませんでした。ここではそれぞれの役目をご紹介しましょう。

  • 「プリアンプ」⇒「増幅器
  • 「パワーアンプ」⇒「電力増幅器

電圧電力という表現の違いがありますね。ここでは簡易的に説明しますが「電気」は電圧電流電力という似て非なる指標があり、以下の式で求めることが出来ます。

・記号 E × I = P

・単位 V × A = W

・文字 電圧 × 電流 = 電力

(三種類の式を書きましたが中身は一緒です。また式を覚える必要はないです。)

電力=W(ワット)です。なんか聞いた事あるはず。「○○ワットの電球」とか言ったりしますが、イメージは非常に簡単。Wが大きいほうがすごいギターアンプ」も10Wよりは20W、20Wより100Wの方が音が大きくなりますね。だからと言ってデカけりゃいいってもんでもないですが。

 上記の式から見て解る通り電圧と電流がそれぞれ、それなりに大きくないと電力も大きくなれない事が解ります。

 

f:id:cuLo:20170614055037p:plain

Marshall VS30R回路図から引用 引用元Dr.tube

 3. で、プリアンプって何?

 プリアンプはpre amplifierの略で「pre」は「」とか「予め」なんかの意味があり、役目は電圧を増幅しておく装置で、ギターアンプについてはエレキギターからの信号の電圧を増幅する役割があります。注意してほしいのは電圧だけ増幅しても相応の電流を確保できなければスピーカーは鳴らないということ。プリアンプだけではギターアンプにならないのです。エレキギターの出力電圧はせいぜい0.8Vp-p程度の1Vもないような微弱な信号出力しか無い上に、ハイインピーダンス出力という構造上避けられない弱点があります。これを直接スピーカーに入力しても音は出ません。そのためまずプリアンプで電圧を増幅する必要があります。またギターアンプに限っては増幅以外のイコライザーや他MODを含めてプリアンプとして扱われることもあります。図では「狭義の」と付けましたがこの回路図のほとんどは広義のプリアンプ「音を作る回路」と言えますね。

 

f:id:cuLo:20170614055803p:plain

Marshall VS30R回路図から引用 引用元Dr.tube

4.パワーアンプの役目は?

 プリアンプで電圧を十分に増幅したら、最後はパワーアンプで電力増幅を行います。

前述の通りスピーカーは電力が十分にないと駆動しませんので、プリアンプで増幅された電圧に見合う分の電流を確保してあげます。そうすると電圧×電流によって電力が大きくなりスピーカーが駆動され音として出力される訳です。逆にそれ以上の機能はパワーアンプには特に求められません。

 

 ということで、ギターアンプについて電気的解説をしてみました。細かい話はかなり端折って簡潔に、電気の事知らない人が見ても概要を理解できるように気を付けて書いてみましたがいかがでしたか?。時間がかかった割にボリュームない...きっと会社でISOの対応して時間が無くなったからだな!(嘘)。あ、質問受付しますよ。

 

 今度はクリーンとドライブの違いを解説しようかな。

 

では、またお逢いしましょう!

 

 

 

Let's begin ROCK now!!~はじめてのエレキギター~‗cuLo

ブログの下書き消えてるじゃん…悲しい。cuLoです。

 

 全然関係ないのですが、テレビとスマホを連動してトランプ大統領をVR配信するそうです。トランプ大統領の周りを見ても何の意味があるんだとか仰るかもしれませんが、こういった技術がゆくゆくは「フジロック360℃ライブ放送」みたいなちょっと楽しそうなものにつながっていくんでしょう。お時間あれば体感してみてください。前編は間に合いそうにないな(これを書いているのは6月3日23時)

 

●360°ドキュメンタリー 知られざるトランプワールド 360°カメラが探訪する新大統領を生んだ世界
・放送日時:
 - 前編 6月4日0:00(3日深夜)
 - 後編 6月11日22:00
・放送局:NHK BS1
・ナレーター:山里亮太南海キャンディーズ

二次元バーコードパソコンでサイトをご覧の方は、スマートフォンタブレットからサイトアドレス http://nhk.jp/bs360
または、左の二次元バーコードよりアクセスしてください

 

 

 今回の本題は「エレキギターを弾けたらなぁ」「でもギターの種類一杯あるしどれがいいのかなぁ」「難しそうだなぁ」みたいに漠然と悩んでいる人に対して悪魔の囁き声で背中を押してあげようという記事です。

 

では早速、エレキギターを始めるにあたって必要なものを考えていきましょう。

  1. エレキギター
  2. ギターアンプ
  3. シールドケーブル
  4. ピック
  5. チューナー
  6. ギタースタンド
  7. クロス
  8. 諦めない心

 

1.エレキギターを選ぼう!

 エレキギターの種類が多すぎて何を選べば良いか解らない人向けにどんなギターがあるのかまとめてみました。これを見て購入すれば間違いなし!。エレキギターは安いものだと一万円以下の物から、物によっては億越えまで値段はピンキリですが基本的には5~10万あれば初めての人にもそれなりのギターが手に入る比較的安価なお手軽楽器です。冒頭に書きましたがエレキギターの種類はかなりの数があり、ボディの形、ピックアップの数&種類、ヘッドの形、トレモロ付き?種類は?、ボリュームとトーンはFRで独立?等、多岐にわたりすぎていて簡単には選べません。なのでここではご予算に応じてあなたのギター選択をサポートします。なお責任は負いません!

 

1-1.挫折しても痛くない?レベル。5万円前後の比較的安価なギター。

 このくらいのギターだったら主なメーカーはフェンダー系だとフェンダージャパン(2015年4月で解散)、スクワイヤー、ギブソン系だとエピフォンなどでしょうか。日本だとアイバニーズもこの辺の価格帯をリリースしてますね。フェンダー系に限って言えば現在のフェンダーUSAの製造基盤は色々あってフェンダージャパンから供給されたノウハウが使われているそうです。フェンダージャパンをUSAの安価コピーモデルと思っている人もいますが、そもそも会社設立の理由が当時のフェンダーが品質と価格の面で日本製海賊版ギターの品質に勝てず、日本法人を立ち上げてその製造を当時の海賊版ギターを作っていたメーカーにお願いしたのが始まりですので、品質はお墨付きな筈。

 

f:id:cuLo:20170604164955p:plain

 左からエピフォン、フェンジャパストラト、フェンジャパテレキャスヤマハストラト系(?)ギター。

実際、cuLoはせいぜい10万円までのギターが価格と性能に見合っている感じがしますね。唯一のデメリットとしては挫折したときにインテリアとしてのネームバリューが無い事でしょうか。ただし1万円で買える初心者セットみたいなのは「ギターやる気ないなぁ」ぐらい情熱のない人orバイトのできない金欠中高生向けですので、もちろん当たり外れは在るにしろ止めといたほうが無難です。品質の安定を考えて最低3万円は覚悟しましょう。実際ヤマハなんかが良いと思います。弾いたことないけど謎の信頼感ありますし。

 

1-2.妻に一週間は口を聞いてもらえなくなるレベル。価格帯は20万~70万円級有名メーカーフラッグシップモデル。

 代表的なものはフェンダーギブソン、PRS、日本でいえばご存じアイバニーズのRGシリーズや、島村ブランドのヒストリーシリーズもこの価格帯ですね。さすがにこの辺になってくると、5万円ギターにはない高級感と弾いた時の音の艶やかさが変わります。が、それが値段と釣り合ってくるかは別問題。高いので懐がイタイのは確かですが挫折してもインテリアとして役立ちます。もちろんこの価格帯を購入することが蚊に刺された程度の方はバンバン買って、経済回してください。

f:id:cuLo:20170604182646p:plain

 左上:PRS。右上:Ibanez。左下:Fender。右下:Gibson

 

1-3.もはや固定資産!結婚指輪が夫に何かあった時に換金するための保険というのならこれでもいいんじゃないかレベル。プレミア系、工芸品系、アンジェロ系ギター

 有名な誰かが実際に使っていた系、50’s代のギブソン製&フェンダー製、そして高見沢系。まず良くあるもので誰かが使っていたギターをオークションに出してプレミアついちゃった系ギター。知る人ぞ知る「ブラッキー」使用者エリック・クラプトン

www.youtube.com

 f:id:cuLo:20170604150134j:plainうーんボロボロ。

落札価格は「1億520万円」!!。エリック曰くもう楽器としての寿命を迎えたそうです。…

買えねぇ。

  お次はオールドギター系、エレキギターの老舗といえばテネシー州ナッシュビルに本社を構える「Gibson」とアリゾナ州スコッツデールに本社を構える「Fender」の二社で異論はないでしょう。そんな2大老舗メーカーは1950年代から現在の形のエレキギターを販売しており、完成度が高かったことを伺わせます。その主力がみなさんご存知のこちら。

f:id:cuLo:20170604160402p:plain

 どちらも古いヴィンテージギターではあるんですが、この写真のストラトキャスターは約400万円。レスポールは約100万円となっております。これなら挫折してもアンティーク風インテリアになりますね。知らない人には「ただのボロボロのギター」ですが。ストラトはこの頃から製造工程も考えて作りやすく設計された量産型ギター、一方レスポールは昔から楽器としての性能を重視して作られたタイプ。の筈なんですが、実際にはそれぞれの個性として音の違いが表れていますね。

 最後にアンジェロ系ギター。説明はしない!サムネで見えてるけど、動画の2:20くらいからどうぞ。

www.youtube.com

  よく巷では、高いものがいい派が「ちょっと高いほうが気分的に辞められなくなる」「安物は○○(音に関係すること)が悪い」と言っているパターンと、安くても変わらん派が「高くてもそんなに変わらない、安くて十分」「結局は腕次第、ギターが高くても下手くそは変わらない」と言っているタイプの大きく分けて二派がいますが、cuLoはどっちかというと安くても変わらん派です。とは言っても限度があり、できれば「一体どこのメーカーが製作したかわからないギター」よりはある程度名の通ったメーカーを使うのが良いと品質の観点から思いますね。最近だとフジゲンが比較的安価にギターを出しているようで、以前も少し話した「ジャパンビンテージ」の製造メーカーが直接販売しているようです。値段と品質のコスパは最高ではないでしょうか?。弾いたことはないんですけど。(弾いたらレポートしますよ)

 

 2.ギターアンプを選ぼう!

ここもかなり重要です。なぜかと言うとエレキギターは「ギター+アンプ」によってはじめて楽器として成り立つ物ですから。そして、ギターアンプもメーカーによってかなり音が違う。これも上を見れば高額ギターアンプがありますが、アンプに関してはそれなりに安価に手に入るものが多く中古であれば1万から有名メーカーの物が手に入ります。

f:id:cuLo:20170605000654j:plain

言わずと知れたMarshallです。腐っても鯛ってやつです。腐ってないんですけどね。安価モデルでもやっぱり「あの」Marshallの音がします。画像のモデルも3万あればお釣りが返ってくる金額で、製造国もインドネシアとかになってるんでしょうが(調べてないですが)、やっぱり中身はMarshallの回路なんだなぁと感心させられる音ですね。昔から?だと思いますがMarshallの安価モデルは高音高めな気がします。

f:id:cuLo:20170605000716j:plain

Rolandから名機「JC-120」のコンパクト版がでました。出てました。参考画像探してたらありましたよ。約4万で買えますねぇ。買おうかな…動画で見る限り確かにJCの音だこれ。クリーンが透明感のある音でこれならかなり良い買い物だと思います。ただしドライブchには期待してはいけない。エフェクターとの相性がいいと言われていますので、エフェクターも一つ如何でしょうか商法ですね。

f:id:cuLo:20170605000742j:plain

最近ラインナップが増えて使い勝手の良くなってきたHughes&Kettner。内部でデジタル処理してアンプ単体でコーラス/フランジャー/ディレイとリバーブの4種エフェクトが掛けられるようです。これ一台あればしばらくは遊べそう。約3万強程で購入できます。しかし、空間系はデジタルでも遜色なくなりましたね。時代を感じます。

 

他にも良いアンプはあるんですが、アンプも多岐にわたりますので安価で、そこそこ良い音を出してくれる物を選びました。もちろん楽器屋さんで、全く違う物を選んで気に入ればそれも良し。ですよ。自由に選んでください。こんな感じで。

f:id:cuLo:20170605004743p:plain

3.シールドケーブル

4.ピック

5.チューナー

6.ギタースタンド

7.クロス

 

この辺は何となく選んで結構だと思います。「シールドで音が変わる」とも言いますが、今回は初めてエレキギターを所有する人向けなのでこだわる必要はないと思いますね。ちょっと良いものが欲しかったらCANAREあたりを買っておけば今のところ間違いはないでしょう。ピックは好きなものを…と言っても初めての方は形と固さで複数の物を用意して実際に使って気に入ったものを選べば良いです。

8.諦めない心

 ギターを始める上で最も重要なのがこれ。価格はプライスレス。というのもなんでもそうですが、最初はだれでも下手くそです。そしてギターは最初のひと月位はほどんど何も弾けないかもしれません(特に働いている人は)。良く言う「Fの壁」なんかも大概の人が体験することですので、そういうもんだと割り切って毎日ちょっとずつ練習することが重要です。よくcuLoは、ひたすら練習して、それでも弾けなくて別の事を練習し始めて、ある時最初練習してたものがいつの間にか弾けるようになっているとか多い気がします。

 ギターは素晴らしい楽器です。普通の物を買う前提でピアノは数百万、バイオリンでも弓含むで100万越えの中、ギターなら高くても数十万ですから。加えて弾き方に制限が無い事も魅力ですね。ネックをひん曲げるとか、トレモロブリッジを叩くとか、アンプから出た音をフィードバックして発振させるとか、ホローボディなら叩いてドラムにしても良い。過増幅(オーバードライブ)のバリバリした音がサウンドとして認められている珍しい楽器でもありますね。どんな弾き方でも出た音がすべてサウンドとして音楽に組み込まれる要素となっているのはギター位じゃないでしょうか?

 

では、良いギターライフを!

超近距離有線通信器を作ってみる1回目。‗cuLo

今週は働きづめで、家は寝るためのみに帰る日々でした。cuLo(社畜)です。

 

こないだまで寒い寒い言ってたのにいきなり暑くなりましたね。春どこ行ったんだろ?

 

今回から「超近距離有線通信器」を作っていこうと思います。

必要仕様やコンセプト

  • バイクのタンデムライダーと会話する用に。
  • ヘルメットにつけても重くなく、簡単に脱着できる機構で。
  • 手に入りやすい単三2個で駆動。
  • 通信ケーブルは楽器屋さん等で簡単に手に入るステレオのミニプラグ-ミニプラグのP-Pで。
  • 音楽再生は考慮しないのでモノラル出力
  • 会話相手タンデム相手を探す(切実)

今のところ、上記のようなイメージで製作を予定しています。一番のネックは会話相手を制作することですね!。ソフトバンクのアイツでも乗っけようか…。

 

 無線も考えましたが、BluetoothモジュールやFM通信など完成までに時間がかかりそうなのと、通信方式なども考える必要があるので今回は断念しました。

 

さっそく試作回路を組んでみました。

f:id:cuLo:20170528234212j:plain

入力デバイスはマイクがないので、先日組みあがったばっかりのIbanezをチョイス。ハイインピーダンスの小電圧小電流なので過剰電圧等でオペアンプを壊すことがないので安心です。

オペアンプJRCの「NJM5534DD」を使用していますが・・・

www.njr.co.jp

そもそも5534DDは低電圧源駆動をターゲットに作られていないので、3V駆動には向かない模様、ヘッドホンの駆動用の電力をうまく取り出せず、音も小さくなりつつ音割れもおこします。が、これは想定内。もともと回路が予定通り動作するかの確認でした。

もちろんデータシート上±6V以上は通常動作しますよ。

f:id:cuLo:20170529001152p:plain

(原理回路図です。抵抗やコンデンサの定数は「問題ない」程度にしてあるので、ブレッドボード上の定数とは違います。)

 

現在のところの課題として、

こんなとこでしょうか。

 

本シリーズは不定期更新となりそうです。

 

では、またお逢いしましょう!

今後の活動について_cuLo

一週間が短い。cuLoです。

「人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短い。」って誰か言ってたけど、ほんとその通りで何かやろうとしたら多少解んなくてもとりあえずやってみるってのは重要ですよね。とりあえずこのブログもそんな感じでアクセス対策考えず、記事は行き当たりばったりでやっています。記事もアップする直前に書いておりますので出来立てホヤホヤ!新鮮取れ立て!マグロ、ご期待ください!。

(別名、準備不足。もう少し余裕持って書きたいなぁ)

 

 

f:id:cuLo:20170521203133j:plain

さすがにねえだろって思ってググったらありました。まぐろギター

 

「昔のギターを電気的リフィニッシュする」シリーズの一応の終了を迎え、次の「ネタ」を考えているわけですが、

と、言ったところでしょうか。

f:id:cuLo:20170522004007j:plain

 

オリジナルエフェクターの制作

 読んで字の如く、オリジナルエフェクター(主にアナログ)の制作をしていきたいと思っています。写真の右側二つは自作で、赤のクロスの塗装がしてあるタイプは1石JFETブースター、ブルーフランケンカラーは手持ちのマーシャルアンプのドライブ部分を抜き出し9V駆動エフェクターにしたものです。色々構想はあるんですが、1つ仕上げるのは結構大変なんで長期プロジェクトとなりそう。

 

f:id:cuLo:20170522004224j:plain

ギターアンプの改造

 現在所有中の「Marshall VALVE STATE VS30R」のほんのりしか効かないリバーブを何とかする&使用されている抵抗やコンデンサの見直しを予定。とにかくリバーブの掛かりが薄い(すでにちょっと改造済)あと、アンプにギターを近づけるとすごいノイズが乗る。これの改善を目指します。

 

f:id:cuLo:20170522004336j:plain

 エフェクター以外の電子工作

 エフェクターではない、例えば信号発生器とか、エフェクターに応用できるかもしれないけど、全く関係ないかもしれない。そんな行き当たりばったりなものを制作していきます。

 

f:id:cuLo:20170522005636p:plain

・素人が教える自作エフェクターを作りたい人のための電子回路講座

 そのまんま。自分で作りたい人用に最低限の知識を。なお、要自己責任!画像はインスタント3倍オペアンプブースター。

 

 

f:id:cuLo:20170522010014j:plain

 

音楽理論を勉強してみる

 ちゃんと音楽理論を考えたことがないcuLoが音楽理論を勉強して、みんなへフィードバックする。ただし合ってるかどうかは知らない。

 

f:id:cuLo:20170522011413p:plain

・「HTML」コーディングを勉強する。(ブログ用)

 じつはこのブログのフォント嫌いです。変えるにはHTMLを書けなければいけないらしい。なので薄ーく勉強して変えてみようかと、そしてその方法を皆さんへ。

 

 

f:id:cuLo:20170522011729p:plain

・「FPGA」ボードを購入して遊んでみる。(エフェクター用)

 「FPGA」知っている人は知っているが知らない人はさっぱりわからない、FPGAのアナログ入出力付きボードを買ってデジタルエフェクターを作成してみたいと思います。ちな、 field-programmable gate arrayの略です。まぁcuLoもやり方忘れてるんですけど。

 

f:id:cuLo:20170522012015j:plain

※写真はイメージです。

・ツーリングレポート

 ツーリングに行って来たら、その雰囲気をおすそ分け。食べ物はおすそ分けできないよ!。

 

と、今後の活動内容を考えてみました。たぶん順不同で進展があったものを上げていく感じになるかと思います。

 

冒頭の言葉は「山月記」っぽい。

 

では、またお逢いしましょう!

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(12)_cuLo

 バイクに乗りたい。cuLoです。

ギターと電子回路を主体にしたブログを書いているのになんだよと言われるかもしれませんがcuLoはバイク好きなんです。とはいっても10年ほど前に事故でバイクを廃車にしてからスクーターには乗ってますがやはりバイクに乗りたい。もうすぐツーリングに行く予定ですのでその時はツーリングレポートでも書こっと。バイクって乗りたい人はすっごく乗りたいけど、乗りたくない人には全く興味がない、ギターで例えるならモズライトのような感じですね。みんな安全運転しましょう。安全運転は車間距離から。

f:id:cuLo:20170514111927j:plain

モズライト。まじまじと見たら良いギターかも。

 

さて、本筋へ復帰して、今回はIbanez製Rx series Rx180SRS(と思われる)の電気的リフィニッシュについて総評を書いていこうと思います。

 

1.ノイズについて

 今回のメイン改造としてギター回路部にノイズシールドを施すということを行いました。内容は過去記事を見て頂ければわかるように、ピックアップ周辺~回路部~出力部までを銅箔テープで覆ってしまって入ってくるノイズを可能な限りグランドへ落としてしまおうという構想でした。

 やってみてどうだったか?。正直、聴感上の音は何か変わったということはほとんど感じられませんでした。音が綺麗になった。気がする程度。それよりもコンデンサの変更や、ガリ有のポッドから新品に変えたこと、センターシングルのシングルPUを搭載したことによるハーフトーン時のノイズ低減(ハムバッカーよりノイズ小さい!)の効果が大きく、ノイズがよっぽどひどいギターでない限り大きな効果は期待できないと思いました。そもそも木材が多少の水分を含んでいるのでノイズに対してそれなりに電磁波吸収体としての効果があるような気がします。たぶん。というわけで、費用対効果はかなり低いと言えるでしょう。自己満の世界です。

 追記、動画作成をしていたらノイズ低減はしているようです。ただし、それがノイズシールドによる効果なのか、はたまたピックアップの高さを調整したことによるものなのかは不明です(たぶん高さ調整だけど。)

 

2.回路部のポッド交換、コンデンサ交換について

 これが今回、最も効果のあった個所だと思います。まずポッドを交換したことによって、「ガリ」が無くなりました。(そりゃそうだ)。次にコンデンサ変更。カットオフ周波数を任意で変更できたので最適解を出すことができました。以前のコンデンサだと中音域から上はごっそりなくなっていたので、実際トーンポッドを回すと使い辛い事この上なかったのですが、今回自分で計算をしつつ変えたコンデンサだと全絞りで自分がカットするであろう高音域に近く、その間で微調整が利くような定数となりました。この辺の好みは個人差があると思いますが、正直コンデンサの種類による違いよりよっぽど効果があると思います。コンデンサ選定で気を付ける事はセラミックだけは使わない事でしょう(圧電効果による所謂「ポップノイズ(スパイクノイズ?)」が発生する可能性があります。)とりあえずフィルムが安価でおすすめですよ。もちろんオイルコンデンサを買ってもいいんですけど。

 

3.センターシングルピックアップの搭載。

 まぁ。あれですよ。何より変わったと言えばコレ。だって鳴らなかった所が鳴るようになったんだもん。言いようによっては一番効果のあった所とも言えますね。久々にちゃんとしたシングルの音が出てうれしいですが、思わぬ副産物があったのはハムバッカーの片側と一緒に鳴らした時のハーフトーンのノイズがほとんど取り除かれた!事でしょう。構造上はハムバッカーと同じように逆に並べたシングル二つはノイズは逆相、信号は同相で出力するので、大まかな理屈上はハムバッカー同様ハムノイズの低減となるのですが、なぜかハムバッカーよりノイズが乗りません。でも音はハムバッカーと言うよりシングル寄り。なんでだろ。

 

4.で。電気的リフィニッシュしてどうだった?

 古いギターだったので意外と効果があるもんだと思いつつも、どの対策がどのくらい効果を発揮したかは、謎。まぁ、やって損はないですよ。ギターの構造や仕組みの勉強になりますし。ただし、回路部は多少の知識を必要とします。場合によっては治らない、鳴らない可能性もあります。自己責任でお願いします。(もし回路部で詰まったら、コメント等で連絡頂ければ遅レスですがcuLoでわかる範囲でお答えします。お気軽に)

 

 

 

とりあえずアップした。動画編集がうまくなった。

www.youtube.com

前半分がビフォー、後半分がアフターです。

 

 

では、またお逢いしましょう!

 

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(11)_cuLo

こんにちは。GWですね。数年前まではGWの関係ない(むしろ忙しい)職種にいたもので、今はGWを楽しめる職に転職しておりますが、反面休みの日はどこに行っても人が多い!良い面も悪い面もあるもんだと思います。cuLoです。

 

f:id:cuLo:20170506162010j:plain

ユキヒョウかわいいよユキヒョウ

 

さて、今回はトレモロユニット付きギターのチューニング方法を書いてみたいと思います。前回で弦高、オクターブチューニングを行いましたので、あとは通常のチューニングを行えば一応の完成となり、残るは聞き比べのみとなります。

 

あらかじめ断っておきたいのですが、今回紹介するチューニング方法は「フローティング」が前提となっています。ちなみに「フローティング」とはチューニングが合っている状態でブリッジのお尻側が1mm程度浮いている状態を指しています。この状態にすることによってシンクロナイズドトレモロとしての性能が発揮されます。その最大の利点は、アーミング後チューニングの狂いが少ない事です。(おまけとしてアップ側にも少しだけアーミングできる)

 

では始めていきましょう。

f:id:cuLo:20170506162036j:plain

  • ブリッジに何か挟む(今回はギター回路部の裏蓋プレート。)

    f:id:cuLo:20170506162443j:plain

  • スプリングクローホックのネジを締めこんでおく

この時点で挟んだ何かの分がフローティングする幅になります。1mmと書きましたがもうちょっとありますね。誤差です誤差。

  • チューニングする。

この時点でペグを使ってチューニングします。チューニングはレギュラーでも♭チューニングでも、ダブル♭チューニングでも、ドロップDでもナッシュビルでも何でもいいです。ただし、チューニング中にブリッジに挟み込んだプレートが落ちた場合は後ろのスプリングが弱すぎますので、スプリングを増やす必要があります。基本的には弦の張力が強くなるナッシュビルチューニング等はスプリング側も強く(多く)、ダブル♭など弦の張力が弱くなる場合はスプリング側も弱く(少なく)する必要があります。もう一つの注意点としてペグを回すときに「低い音から高い音へ上げながらチューニングする」ことです。高い音から低い音へ下げながらチューニングすると弦が緩むので、ナットを中心にヘッド側とネック側で張力が変わってしまう可能性があります。そうすると弦を弾いた時、アームを動かした時などに張力が変わってチューニングが狂う原因となります。チューニングが終わったら、この時点で一度めちゃくちゃに掻き鳴らしましょう。そしてチューニングがずれてないか確認します。ズレていればもう一度チューニング。これを繰り返します。言い換えれば弦側の張力を決定していると言えます。

チューニングが安定したら、

  • ギターを起こした状態でスプリングクローホックのネジを緩めていく。

狙いは、ブリッジに挟み込んだプレートが自然に外れる事です。交互に少しずつ緩めていきましょう。そうすると何処かでプレートが落ちます。プレートが落ちたらもう一度弦の音程を見てみましょう。チューナーで見ると少し「低く」なっている筈です。しかし、焦ってペグでチューニングしてはいけません。台無しになります。

(近すぎてピント合わない…)

  • チューナーを見ながらスプリングクローホックのネジを締める。

そうすると今度は音程が高くなっていきますので、チューナーを見ながら合わせて行きましょう。ちなみに6弦側のネジを締めれば6弦側が高く、1弦側を締めれば1弦側が高くなっていきます。バランス、大事。この工程は言い換えればスプリング側の張力を弦側に合わせていると言えます。

 f:id:cuLo:20170506162816j:plain

これで各音の整合が取れたらチューニング終了となります。

 

f:id:cuLo:20170507115359j:plain

cuLoのギターではアーミング直後はチューナー上少しズレますが(といっても聴感上はほとんど変わらない)2~3回ストロークするうちに元通り、といった感じです。これでチューニングが狂いにくいトレモロの完成です。トレモロでアーミング後狂ってしまうという方はぜひ試してみてください。

 

では、またお逢いしましょう!