cuLo MOD Studio!

ギター、エフェクター、電子回路をつらつらと

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(6)_cuLo

Guns n' RosesのTシャツを購入!かっこいー!!cuLoです。

f:id:cuLo:20170326160946j:plain

 

GNRは初めて「衝撃」を受けたというか、初めて見た時「全てカッコイイ」と思ったバンドでした。曲の具合とか、見た目とか、スラッシュの大股開きとか、アクセルがライブでアイアンメイデンだかマイケルシェンカーだかのTシャツを着てきたお客さんに殴り掛かるとかのエピソードとか、昔、日本にライブ来たとき「5人集まると喧嘩が始まる」とか紹介されていたり、ステーキ投げたり、近年でもスウェーデンで警備員に噛みついて逮捕されたり。あれ?カッコイイ話じゃなくなってる…?。まぁ、自分の中でとってもお気に入りのバンドですね。今年の1月に来日公演あったけどいけなかったのが残念でならないです。そのうち僕の音楽遍歴的なのも書こうかな。

ちなみに、かみさんへ見せた時の一言・・・・「ダサっ!」

 

さて本題。前回はギターのパーツ類を取り外し、「酢水につける」という異常行動に走ったcuLoですが、その結果はどうなったでしょうか。念のために記しておくと、「2日間酢水につける」⇒「3日間水を取り替えながら酢抜きする」という工程でした。(料理みたいだ)

f:id:cuLo:20170326161348j:plain

 

きたねぇっす。なんか出てきてるぞ・・・

とりあえず磨いてみよう。 長年の汚れが出てきてるのかもしれない。

 ちなみに匂いはさびっぽかったです。内部にもパーツクリーナー吹いて、何度も汚れを出しつつ磨いていたら・・・

f:id:cuLo:20170326161528j:plain

綺麗になりました。もともとゴールドのパーツでしたが、コンパウンド入りのセーム皮みたいな生地(名前忘れたけど、ホームセンター等のヤスリ売り場あたりにある)で磨いてるとゴールド取れてシルバーになってますね。ほんとはゴールドラメで再塗装してキラキラさせようかとも思っていましたが、「電気的リフィニッシュ」のタイトルでやってるのに進まずに塗装ばっかやってるのもアレなんで今回はパスする方向です。

 

これでパーツ類は良しとして、注文していた部材を確認します。

Amazonで買った部材。

  • A500kΩの可変抵抗×2
  • 導通性粘着銅箔テープ

をチェック!

 

f:id:cuLo:20170326162128j:plain

f:id:cuLo:20170326162218j:plain

んー、0.472M=470kΩ位。取り外したボリュームもそんなもんだったなぁ。

ググってみると・・・どれどれ、「可変抵抗の誤差 規格」・・・買った可変抵抗のデータシートが出てこない。が、他製品では20%ぽいな。てことは許容値は500k×2/10=100kで±100kΩか。結構幅があることに驚き。

次に銅箔テープは粘着部分も導通するか確認。

 

f:id:cuLo:20170326162406j:plain

ん…?。「OL」…? 導通してない、だめじゃん。

やはりというか、安物買いの銭失いになってしまった。「導通性 粘着」って書いてあったのになー。しかし、新しい銅箔は到着が今週末予定なのでブログが進まないぞ!またかよ!(さっき届きましたが、今度は細い!今回は自分の確認ミスでした。)

 

止まっていても仕方がないので「実態配線図」を書いてみました。

f:id:cuLo:20170326162917p:plain

くるくるしてる部分は「同軸ケーブル」を意識しています。

配線の検証はまだなので間違ってるかもしれません。流用はご注意を!

 

ちなみに配線図の作成ソフトは「DesignSpark Mechanical」を使用しました。

 3Dの筐体作成CADですが、今回は2Dモードで配線図として書いてみました。

見ての通り、センターのシングルコイルPUはまだ配線していませんので来週はこの部分をどうするか考えつつ、ギターのシールドを行っていきたいと思います。

 

あ・・・動画忘れてる・・・そのうち、ね?

 

では、またお逢いましょう!

 

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(5)_cuLo

ここ3日くらい、家のネット環境が調子悪くずっとルーターとパソコンを行ったり来たりしてました。Wi-Fiつなぐのは簡単なのにつながらなくなったら戻すのなんであんなに大変なんですかね。cuLoです。

 

さて、前回、「動画をアップするか」などといっておきなががら「aviutl」をダウンロードしたのは良いものの使いこなせておらずしばらく時間がかかりそうですよ。期待してた方(いるのか?)すみませんがもうしばらくお待ちください。内容は今回のテーマ「ギターを電気的リフィニッシュする」のビフォーの音なんで、完結までには…

 

今回はネット環境が不安定で接続待ちを繰り返しているとき、ギターの解体をやりました。

 

ストリングをぶった切るところから始まり…PUセレクターの配線を取って…

f:id:cuLo:20170320213830j:plain f:id:cuLo:20170320214004j:plain 

 

f:id:cuLo:20170320214548j:plain

f:id:cuLo:20170320214655j:plain

配線を外すときはすべてハンダごてで行いました。

 

全体的に10年越でほこりがたまってますね。

 

f:id:cuLo:20170320215442j:plain

トーンポッドについてたコンデンサは47nFもとい0.047μF。

たぶんマイラフィルムと思われるが

TORACON・・・なんだろ?

検索結果→Traconで東芝ラジオか韓国のフィルムコンデンサメーカーかのどちらか。

うーん価格的にはそんなにクリティカルではないだろうから東芝ラジオの物であってほしいけどそんなことないだろうな、どのみち交換するつもりなのでいいか。

 

全パーツをばらして洗浄中

f:id:cuLo:20170320231203j:plain

よく金属をきれいにするにはコーラにつければいいとかいいますが今回は、

 

酢水につけてみました。(自己責任ね)

(途中間違ってみりんを入れそうになってました。あぶね)

 

ボリュームはテスターで見たところ約A500kΩでした。さっそくアマゾンで注文。

 

あと配線材を仕入れなければいけないけど、同軸テフロン線みたいのが見つからないので、オーディオ用と銘打ってある同軸ケーブルを使うか迷い中。

 

今後行う処理としては

・ボリューム抵抗とコンデンサを新品に入れ替え。

・銅箔テープを回路部全体のシールドとして貼り付け。

・各パーツを綺麗にして組み付け。

・センターのシングルPUを換装。

・できるだけGNDギター内単一化。

 

こんなとこでしょうか?

 

次回は配線図も追加して、注文部材からコンデンサの値を割り出していければ

と思います。可能であれば動画も。

 

では、また逢いましょう!

 

 

 

 

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(4)_cuLo

1日一人は見てくれてるようだ。三か月くらいは箸にも棒にも掛からないと思っていたから、思ったよりアクセスはあるようでちょっとうれしいcuLoです。

気軽にコメントもお待ちしております。

 

で今回は結局はフリーのDTMソフト「pdium free」を使用して、今現在のギターの状態で録音してみました。が諸事情により音源はまだアップできておりません。(後述)

(あれ、次回こそギターの改造やるって言ってなかったっけ…?)

 

podiumはあまり説明しているところがなく、結構苦労しましたがなんでこれを選んだかというと、「無料で高機能」という記事を見つけたからですね。無料でも外部音源対応してなかったり。色々考察した結果今回の「podium」というソフトになりました。

2週間ほど使ってみた結果は…

 

難っ!

f:id:cuLo:20170312204314p:plain

そもそもcuLoは「DTM」が「デスクトップミュージック」の略称であること以外

DTMの知識は皆無です…

 

そんな無知でも、とりあえず現在できたことは

 1・USB接続のオーディオインターフェイスから録音ができた!

 2・「.m4a」ファイルにエクスポートできた。

 3・外部シンセサイザープラグインができた。(そして音が鳴った)

まだできてないこと

 1・シンセの音をシーケンサー入力(表現があっているか知らない)すること。

 2・1つのシンセしか現在選べない。(プラグインは持ってる)

 

ネットで調べていたら「高機能だ!」との触れ込みを見つけてそれを鵜呑みにしてインスコした結果約二週間でできたことが上の三つほどだったわけです…。

 

そして更なるトラブル

 

はてなブログには音源をアップする方法がない。

(2017/03/12現在)

 

おいぃぃぃ!

一応、音系のブログであるこのブログの存在が…

そして色々アップする裏技的なものもあるようですが今のところYoutubeのアカウントでやるしかないかなーと思っております。そのためには動画としてアップする必要があるので動画編集して、音を入れて…(あれぇ、このシリーズギター改造の話だよなぁ、ギター改造のあとにはアンプ改造も控えてるんだけど、やってることはパソコンソフトの紹介になってないか?)

 

というわけで次回は部材集め&Youtubeアップ(予定)です。

 

できればギターの分解も進めようかと思います。

 

では、また逢いましょう!

 

 

 

 

 

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(3)_cuLo

さて、3回目更新です。

 

普通のブログだとギターをもう分解していることでしょうか…なかなか遅々として

guitarの改造に進まないcuLoです。(次回こそは…?)

 

f:id:cuLo:20170306012306p:plain

というわけで、今回は回路図を書いてみました。

CADはフリーで相当な機能を持ってそうなデザインスパークPCB!

https://www.rs-online.com/designspark/home-jp

RSコンポーネンツ制作(?)のソフトでそのまま基板まで作れて部材の発注までできてしまうという優れものなCADですね。

まだ浸透していないので使い方は正直手探りですが。

・フォンジャックのパーツデザインを自分で書いて⇒反映されない

・5wayPUselectorのパーツデザインをcry

・ギターのPUなんてライブラリにはない、自分でパーツデザcry

おいおい

 

今週は主に

・リフィニッシュのビフォーアフターのため、現在の状態を録音しておこう

ビフォーアフターのため現在の状態を測定しておこう

・録音するためには録音機器が必要

・測定するためには測定機器が必要

というわけで測定結果↓

f:id:cuLo:20170306013404p:plain

f:id:cuLo:20170306013406p:plain

SNRってS/N(シグナル/ノイズ比)だよね?。このときシグナルないんだけど何を基準にしてんだろ?トータルパワー3.444dBってdBも何か元の大きさあったよねたしか。

うーんそして、下の画面は…DCの基準位置おかしい…(どうも壊れてるらしい)

 

気を取り直して録音はPodiumというソフトを使おう

Podium Free « Zynewave

パソコンとG7.1utを接続し、オーディオインターフェイス用のドライバをインストールし、よくわかんないけど設定して

3日ほどPodiumと格闘しましたが…使いこなせねぇ!

録音はできる、しかし謎リバーブがかかるぞ?

使い方乗っているサイト等めぐってもバージョンの違いか少し使い方変わってるっぽいなぁ。もう少し時間がかかりそう。

リフィニッシュの最後のレビューには

できました⇒主観の感想

で終わってしまう可能性が。そうはなりたくないのでもう少し調べるか。

 

これ、来週も進んでないんじゃない?汗

 

では、皆さんまた逢いましょう。

 

 

 

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(2)_cuLo

「昔のギターを電気的リフィニッシュする。」

 

昔のギターってヴィンテージじゃないしなぁ、ちょっと今更、タイトルに疑問を持ってしまったcuLoです。

 

前回の終わりに回路図かなぁと言いつつ、よくよく考えたらリフィニッシュするわけですから、元の状態と比べるためにもデータどりをしようと思い今週は試行錯誤しておりました。で、↓これ

f:id:cuLo:20170227001038j:plain

f:id:cuLo:20170227001844j:plain

ZOOM G7.1ut !!!

 

ペダル付きマルチエフェクター、搭載されているエフェクター(どちらかといえばモジュレーション?)は数知れず(よく覚えてないけど使い切れないくらい)。真空管もついている!。ステレオ出力可能!、MIDI対応!(持ってない)これ自身が

オーディオインターフェイスとして機能する!

ここですよ!

 

ただ、問題があってアダプタのケーブルが断線して使えないのよね・・・

 

よし、思い切ってぶった切ってこいつ↓で直接電源入れちゃえばいいじゃない!

f:id:cuLo:20170227002159j:plain

 そして少ない時間を使ってケーブルをぶった切り、ハンダ付けをし

無事DC15Vを入力したら

 

・・・ん?ならない?

 

分解してテスターで当たったりしながら、

「んー、FPGA(?)は動くんだけどなー」

とか言いつつ色々チェックしておりました。

f:id:cuLo:20170227002717j:plain

「-Vが何も出ていない。-電源用のICが壊れてんのか?」とか

(なまじ+電源オンリーからー電圧を生成するICがあることを知っていたばかりに…)

真空管コネクタを外すとー電源レギュレータのショートが防げるなぁ…」

「これの回路図起こすの超めんどい、ブログ更新できねぇ・・・」

とか考えてたんですが・・・

 

ある朝、気づいてしまったんです。

f:id:cuLo:20170227004447p:plain

「AC」15Vじゃん!

 

ぶった切ったアダプタからはAC15Vが出力されておりました。

ここ数日無駄にに過ごしてしまった・・・orz

 

しかしDC15V片電源で壊れなくてよかった。

 

次はノイズ測定とDTMに録音ですかね。

 

では皆さんお元気で。

 

 

 

 

 

 

 

昔のギターを電気的リフィニッシュする。(1)_cuLo

 さて、長々と使ってきたギターを一本生贄に電気的リフィニッシュしてみようと

思います!

↓コレ。ちょっと汚…

f:id:cuLo:20170220002157j:plain

このギターは私が高校のころ、友人達と共にバンドを組もうと考えていて、それでいて

自分は「流行り物」が嫌いだったので(当時は猫も杓子もギターだった。今もか?)キーボードを弾いていたのだけど、友人がとうとう某スコア雑誌の広告にある初心者入門セットを買ってしまい、そして、届いたギターを弾かせてもらったら…

超おもしれぇぇぇぇ!!!

 

 

 

1週間後にはこのアイバニーズのRXseriesが届いたというわけですね。

友人のは2万前後の入門モデルに対し私のは確か4万位で勝ったつもりでいたのだけど

どんぐりの背比べとはこのことだ。昔の自分よ、そんな大したもんじゃないぞ。

 

f:id:cuLo:20170220004800j:plain

と、言いつつもう十数年使っていますが、写真で分かる通り傷も結構あってボロボロ

で、せめて電気的リフィニッシュをしてあげようと(そしてブログのネタとして)思い立ったわけで。

 

見ればお分かりの通りセンターピックアップの故障によりカバーのみ、

そのため、5wayピックアップセレクターのセンターは鳴らない!

6弦だけなんかチューニング狂う(ペグ?)

可変抵抗にバリあり!

ジャック接点異常あり!

そしてこの子の中身、セレクターとボリュームの回路部分は…

f:id:cuLo:20170220005638j:plain

こんな感じです。

 

さて、何をも持って電気的リフィニッシュとするか目標と計画を立てましょ。

①センターピックアップの復活

②ジャック接点復活

③トーン回路の見直し(常数含む)

④ボリュームの交換

⑤回路部分を銅箔かアルミで覆ってグランドにすればノイズ減るんじゃね説の実験

としましょう!

 

ほんとに手つけてないから、まずは回路図の作成と材料集め等かな?

 

では、次回更新までお元気で!

 

 

 

ごあいさつ‗cuLo

始めまして。cuLoと名乗らせてもらいます。

 

エンジニア系ギタリストとしてエレキギター

とりわけアンプやエフェクターについて色々発信しつつ、

そして読者の皆様(今、0だけどね)と一緒に勉強しつつ

お気楽長に書いていこうと思ってます。

 

よろしく(>▽<)ノ